ニオイ嗅いでみようゲームという謎なゲーム

この間友人何人かと呑む機会がありました。その際、ニオイ嗅いでみようゲームという謎なゲームがあって負けた人がみんなのニオイを嗅ぐというゲームです。臭いをかぐ場所は両脇とか足とか髪の毛など臭いが出るようなところです。そして、たまたま僕の友人が負けてぼくの脇の臭いを嗅いだらちょっと腋臭なの?なんて言っていたので、かなりショックを受けて、その時以降ちょっとしたうつ状態になったのです。その人は他意はないと陳謝してきましたが、それよりもどれくらい前から臭っていたんだろうといった思いの方が大きく、何日かダレにも会いたくなかったことを記憶しています。そして、ワキガ専門のクリニックにいって一度見ていただいたところ、軽度のワキガであることが判明しました。迷うことなく手術をして完治したのですけど、今では指摘してくれた友人には本当に感謝しているのです。腋臭は手術をしてもらえば治ることですから、腋臭に困っている人は病院に行って診察してもらうことをお勧めします。最近の悩み。仕事場ですごい臭いを嗅がされていること。厳密に言えば私の持ち場のすぐ後ろで作業している班長の香水の香りです。夏の時期には気にならなかったからどうして?って感じだったけど寒いシーズン締め切るんですよね、うちの工場。数日前に、女子のアレの時に本調子でないまま作業を始めたら、案の定臭さが鼻についてしまい弱ってしまいました。とは言いながらまあ普通に仕事する分には我慢出来ないってほどでもありません。とにかく班長なのでストレートに注意できる人もなく、今もなお臭い続けている状態ですね。それでもわたしの左横で働いている人は鼻炎持ちなので臭いかどうかよく分からないんですって。あぁ、あたしも鼻炎持ちだったら良かったのに・・・。イヤな言い方じゃなく傷付けないようにアドバイスをする方法ってあるのかしら。それがあれば誰も悩まないか。補足ですが香水臭のするその人は他人の体臭なんかが苦手らしく、夏の汗臭さに嫌気がさしていると吹聴して歩いているようです。それなら「先ずは自分が気を付けろよ!」と心の中で叫んでしまいました。いま現在はまだ大した事ありませんが、今後も臭いを嗅ぎ続けることを考えると憂鬱だなぁと感じています。夏場は、仕事場で自分の汗のニオイを気にかけたり、バスや電車の車内で自分の汗の臭いや体臭を気にしている女の人は多いと思います。汗っかきの女性は、特に気になりますよね。わたくしもいっぱい汗はかくため汗をかいた時にまわりが臭っていないか、気になります。暑い季節だから汗のニオイがするのは当然、では済まされないんですよね。スメルハラスメントといわれるくらい、今どきの人は臭いには過敏です。あと、男の人って女性はいつでも良い香りがする生き物だ、などと誤解している方もいるのです。暑い季節にカレシと出かけた時に体臭がしたらその場がシラケてしまいますよね。デオドラントアイテムを塗っても、混雑した地下鉄に乗り、駅から徒歩で会社に向かったり、彼とのデートで外を歩いたりしたら、知らぬ間に汗のにおいがしていて、デオドラントや制汗剤が全く活躍してくれないということだってあります。さらに、パンプスなどの場合は蒸れてしまうので足のニオイも気を付けないといけません。汗をかくという事は体にいいことですが、ニオイの対策はしっかり行わなければ駄目ですね。