基本的にはできるだけ日に焼けないように

「絶対に、日焼けしない。」とまでは考えていませんが、基本的にはできるだけ日に焼けないように日頃から気をつけるようにしています。なので一年中、日焼け止めは顔に塗るようにしているし、紫外線量が増える暖かな時季は朝から日傘を手放しません。生まれながら(わたしが言うのも恥ずかしいですが)わたくしはかなり色白の方なので、周りの女性よりしみやソバカスが目立って見えるし、年を考えると肌のツヤがなくなってきているのを自分でも実感しているので、乾燥を引き起こす紫外線には極力当たらないように神経を使っています。それと、丁寧に保湿ケアをし、肌のことを考えて毎日、定期的にビタミン剤など皮膚科で処方されたクスリも内服しています。何やかやとお金も必要になりますが、今のあたしの年齢に合うように色んなことをやっていく必要があるということは当たり前のことですし、何もできないと言って断念しようとは思わないので一応、わたくしなりに現時点でできることを一生懸命取り組んでいます。けっして、若々しく見られたい訳でもないのですが、同年齢の友だちにほんの少しでも距離を広げたいといった本心もなきにしもあらず。心労から肌の調子が崩れやすくなったりしますよね。仕事などで大変な時や、睡眠不足である時、原因は沢山ありますが、内的ストレスは人々の素肌に問題をもたらすという事は誰でも知っていますよね。私自身、中2ぐらいの時が本当に吹き出ものが出来まくって長いこと困っていたんですが、もしかしたら十分な睡眠がとれていなかったことが原因だったのかもしれません。お肌の性質上の問題もありますが、ブツブツも「内的ストレス」のせいで悪化してしまうことがあります。大人になっても大人ニキビや乾燥肌などスキントラブルに苦しんでいる人は大勢いますが、外的、内的要因があるなかでも精神的ストレスなどはかなり影響力がありそうです。ですから、この頃は睡眠不足にならないようにしてストレスフリーの状態を保つようにしています。肌メンテをちゃんとしはじめたのもありますが、不規則な生活をやめると健康にいいだけでなく肌状態も改善できるなんて一石二鳥ですよね。みなさんも生活リズムを整えて素肌力を上げましょう!エステサロンやジムなどに行くような余裕がないので、テレビを見ながら行うダイエットやちょっとした運動をしています。その中ですでに10年以上美容の為に続けているのが、階段を上るときには爪先立ちをして上る事です。適当なつま先立ちだった場合足が太くなるので、しっかりとかかとを上にあげてつま先でしっかり立って上がっていきます。いつでもどこでも、どんな靴の時でもやっています。毎日の暮らしの中で階段を上ることがたくさんあって、オフィスや公園や駅など爪先立ちで歩ける場所がいっぱいあるのです。10代の頃から継続してやっています。やりだした頃はかなりしんどかったのですが、継続してやっていくうちに階段を上る場合には爪先立ちをしていないと気持ち悪いと感じるくらいになってしまいました。結果、『足細くてキレイ!』と褒めてもらえるような足をキープできています。エステティックサロンやジムも気になりますが、いつもの通勤の時などで簡単にやることが出来ています。階段であがるときに爪先立ちで上るのは簡単なので、イチオシの美容法です。